長い文字数の記事は読まれない?本から学ぶアフィリエイト文の書き方

こんにちは、りょうです^^

 

前回記事の文字数について記事にしましたが

今回は

長い文章の記事だった場合はどうなのか?

 

というところについて

記事にしたいと思いました。

 

日頃からの身近なイメージで例えますと

普段小説などの

 

文字だけの本を

読み慣れていない人が見たら

疲れてしまったり

飽きてしまったりしてしまうのではないか?

 

と同じように思ってしまいますよね?

 

今回は長い・多い文字数の記事について

まとめてみました。

記事・コンテンツの文字数は長過ぎるとダメ?

記事・コンテンツの文字数は

長過ぎるのだめなのでしょうか?

 

結論から言いますと

いいえ、そんなことはありません^^

 

長い文字での記事・コンテンツというものは

  • それだけ内容が濃くなっていること
  • 読者さんから興味あれば滞在時間が長くなる
  • 一度に読み切れない記事をまた読みに来る
  • アクセス数が稼げてgoogleからの評価も同時に上がる

といったメリットもあるんです。

 

 

ですが、

長過ぎるだけではだめなんです。

※関連記事※→ブログで1記事の文字数って少ないとダメ?SEOに最適なのは?

ただ長すぎるズラズラと書いた記事だけですと

誰もが疲れてしまいます。

 

見慣れている人もそうです。

 

文字数が多い場合、多いなりの

工夫・対策をしないと

誰もがすぐに読むのをやめてしまいます。

 

興味があるジャンルであっても

例外ではありません。

 

 

では

なぜ自己啓発や小説などは

ほぼ文字だけの本であっても

売れると思いますか?

 

ここにヒントが隠されています^^

文字数よりも大切?読者さん目線での記事・コンテンツの構成

まず、記事・コンテンツを作る際に

必ず意識をしなければいけないのが

 

読者さん目線で記事を作ることです。

 

記事は自分自身が読むのでなく

読んでもらう人がいるわけですよね。

そういった考え方で本も作られています。

 

ここで本から得られるヒントって何でしょうか?

 

タイトルから読者さんの興味をそそる

まず本のタイトルから読者さんが興味をそそられれば

立ち読みで開きたくなりますよね?

記事も同じで気になるタイトルはクリックして

中身を見たくなりますよね?

 

どんなタイトルなら思わず中身が見たくなるのかな?

という部分を探るのが大切です。

 

見出しをつけてあげる

そして中身の話になりますが

本には必ず目次と見出しがあります。

 

ブログ記事もそうなんです。

 

記事だけでは必要・興味のある情報

がどこにあるかわかりません。

 

長文ならなおさらです。

 

見出しをつけてあげることで

格段に読みやすくなって

読者さんもストレスなく見ることができます。

 

適度に画像を使う

そして、もう一つが画像です。

 

見出しと同じように画像があれば

読者さんも読み疲れしにくくなります。

 

漫画ではない本で

たまに画像があるとちょっと

ほっとした経験ありませんか?

 

文字ばかりでは疲れてしまいますが

画像を入れてあげることで

節目のサイン

 

そして

ほっと一息つけるような感覚

を与えられるのが画像のすごいところです^^

 

流し読みをしている読者さんも画像があれば

あ、ここの内容何かあるのかな?

とストップをかけることもできます。

 

ただ使いすぎはいけません^;

 

迷ったら

見出しと同じ位置に配置することが基本です。

 

そしてうざくない程度に

使うことを意識してみることです。

※関連記事※

まとめ

以上になります。

長い文字数の記事・コンテンツについての

対策でした^^

 

  • 読者さんにとって興味・関心のあるタイトル
  • 見出しを付ける
  • 画像を適度に使う

で、文字数の多い記事・コンテンツでも

読み疲れ、流し読みを防ぐことができるわけですね。

 

最初にも記述しましたが

長い文字数の記事・コンテンツは

消して悪いものではありません。

 

むしろ内容が充実していることで

メリットもたくさんあります。

 

大切なのは一言で

読者さん目線で記事を

書いてあげることです。

 

  • どうしたら読み疲れないかな?
  • どうしたら飛ばされないで読まれるかな?

 

というところを意識して記事を書いてみてください。

 

きっと対策を練れば読者さんからのアクセスも

滞在時間も増えてgoogleからの評価も得られて

SEO対策にも自然とつながっていくはずですから^^

 

以上です。

今後、色々と考えて行動していくなかで

色々な疑問がでてきてしまったりもします。

  • やっぱり悩んでしまう
  • 何をしたらいいかわからない
  • もう少し詳しく聞いてみたい

と思った方はお気軽に

こちらからお問い合わせいただければと思います^^

>>りょうに問合せをする<<

悩んでしまったりしたら

早めに解決できるようにしてくださいね。

今回の記事がお役に立ちましたらクリックをお願い致します。

りょうが実際に稼いでいる

ノウハウ・方法を無料でお伝えしていきます。

有料級の情報も惜しみなくお伝えしていくのでメリットしかありません。