SEOに有効なキーワード選定の探し方って?選び方の基本

こんにちは、りょうです^^

 

アフィリエイトブログを構築するにあたって

SEO対策でアクセスをアップさせるためには

 

キーワード選択の選び方がとても大切

ということはよく言われている事です。

 

実際に

アクセスをアップさせていく為に

とても基本的な部分で大事なところです。

むしろ、必須部分にもなります。

でも、わからないんです。

実際にどうやったらいいの?

 

と、僕がそうだったのですが

わからないから手が止まってしまうんです^;

 

難しいですよね、キーワード選定って。。。

 

そんなキーワード選定について

迷ったときはこんな手法もあるというものを

まとめてみました。

キーワード選定ってどうして必要なの?

まず、記事ブログを作成する時に

どうしてキーワード選定って必要なのでしょうか?

 

分かっている方もいらっしゃいますが

インターネットの世界ってブログだったりの

色々なホームページで構築がされています。

 

そのブログや日々更新されていく記事には

 

必ずタイトルが付いています。

 

例えば悩みがあったりして検索をする人は

探しているものをインターネットで検索をする時に

キーワードを入力して解決方法を探しますよね。

 

ダイエットをして痩せたいと思う人だと

【検索キーワード】

 ”ダイエット” ”痩せない” ”いい方法

 

といった形をで検索をしたとしたら

 

【ブログタイトル】

ダイエット痩せない人がすぐ痩せるいい方法って?”

 

と言った様なサイトが検索結果が引っかかるわけです。

 

こういった部分を意識して、

 

検索する人がどんな検索の仕方をするのか?

と言う目的・意図が明確なキーワード

 

を意識して選定していく必要があるわけです。

 

他にもいろいろ考えるところは

あるのですが簡潔に例えるとこの様な部分で

キーワードをよく考えていかなければいけない

というわけですね。

 

キーワード選定ってどうやったらいいの?~気を付ける事~

まずはキーワード選定はよく考えなければいけないもの

という事を説明させていただきました。

 

さて、キーワードって

どうやって選べばいいのでしょうか?

 

まず、大前提として

 

キーワードって考えるものではありません。

探していくものなんです。

 

探していくことで大切なことは。。。

 

1、需要があるキーワードを選ぶこと

キーワードってただ

自分自身の中でパッと考えたものだけですと

使われにくい・検索されにくいキーワード

を選択してしまいます。

 

私たちがSEO対策として

ターゲットとする人が

どういった人かと言いますと

 

お金をかけてでも悩み・問題を解決したい

と思っている人です。

 

もし何かを売りたいという目的をお持ちならば

  • そういった悩みを持っている人がどんな人か?
  • どのようなキーワードで検索エンジンで検索をするか?

と言う部分で需要があるキーワードを探さなければいけません。

 

なので需要のあるキーワードを探すってとても大事なんです。

 

2、ライバルが多すぎるキーワードは選択しない事

また、インターネット上でしっかり調べないと

  • そのキーワードを使ったライバルがどれだけいるか
  • どんなキーワードを使っているのか

がわかりません。

 

goodkeyword等の無料ツールである程度

使われやすいキーワードの組合せ

は分かります。

 

が、後発組の方ですと

検索上位表示を狙うのでしたら

そのキーワードを使ったライバルがどれだけ

いるのかを探る必要もあります。

 

何故ならば

ライバルが飽和しているキーワードの組合せ

を選んだとしても

それで検索上位を狙うことはとても難しいからです。

※関連記事※

キーワード選定ってどうやったらいいの?~選び方~

さて、キーワード選定ですがまず、

いわゆるターゲットとする属性を選定する部分ですね。

どんな悩みや問題を持っている人を

ターゲットにしたいか?

 

を決めます。

このターゲットは出来れば細かい方がいいです。

 

そして、その後に

どんな組み合わせのキーワードで検索されているか

を探していきます。

 

その組合せの例は

goodkeyword等で確認をする事が出来ます。

 

ですがそのキーワードの組合せ中で

検索結果が多すぎると

上位表示は難しいです^;

 

私ならあくまでその例は

キーワード選択のヒントとして使います。

 

殆どの人に使われているビッグキーワードが

出て来ているということは

その検索キーワードの組合せで

検索をされている事が多いという事です。

ですが、

 

検索をされやすい=悩みを持っている

というわけではありませんし、

 

それだけ

ライバルが多いので

上位表示も難しいのも事実です。

 

ターゲットを決める時

例えばダイエットで悩んでいる人でしたら

どんな悩みでダイエットをしている人を狙うか?

 

わき腹の贅肉が落ちなくて困っている人

でしたら

 

【検索】:”わき腹” ”贅肉” ”簡単”に摂る”方法”

 

等で調べる事も考えられるわけです。

自分自身が悩みを検索する時どう検索するかも

考えるのもおすすめです。

 

この様にターゲットとする人(検索する人)が

どの様なキーワードで検索をするか

を考慮しながら探していきます。

 

売りたい商品の特徴から

どんな悩みをもった人向けなのか?

と言うのはその

商品公式ページにもヒントがあったりするので

そのキーワードから選定していくのもありですね^^

 

検索するキーワードが2つ、3つ、4つと

組合せが多いほど検索結果表示が

減るのも事実です。

 

ですが、

それだけ濃い悩みを持っている人ですと

購入してくれる確率は高いんです。

 

それでも、

もっと簡単で明確に

キーワードを選択分析できたらいいのにな?

と言う状況でしたら

それに特化したツールもあります。

※関連記事※⇒キーワード発掘ツール【ももんが】は使えない?実践レビューで比較

 

ただアクセス数を稼ぐ事を考えるのではなく

 

どういった人に情報を提供したいか

 

を常に考えてキーワードを選定すると

購入率アップにもつながりますので

参考にして頂ければと思います^^

 

以上です。

今後、色々と考えて行動していくなかで

色々な疑問がでてきてしまったりもします。

  • やっぱり悩んでしまう
  • 何をしたらいいかわからない
  • もう少し詳しく聞いてみたい

 

と思った方はお気軽に

こちらからお問い合わせいただければと思います^^

>>りょうに問合せをする<<

悩んでしまったりしたら

早めに解決できるようにしてくださいね。

 

今回の記事がお役に立ちましたらクリックをお願い致します。

りょうが実際に稼いでいる

ノウハウ・方法を無料でお伝えしていきます。

有料級の情報も惜しみなくお伝えしていくのでメリットしかありません。